女性 抜け毛 薄毛 原因 ホルモンバランス

女性の抜け毛薄毛、一番の原因はホルモンバランスの崩れ

健康的な髪の成長リズムとして、新しく生えた髪は成長し一定期間を経てば抜け落ちて、そしてまた新しい髪が生えてくるという、ヘアサイクルをもっている。
一般的に髪の成長は、成長期⇒退行期⇒休止期に分けられるのだ。女性の場合のヘアサイクルとして、成長期は4〜6年、退行期は2〜3週間、休止期は2〜3ヶ月が一般的と言われている。
しかしながら、ヘアサイクルが乱れる(短くなる)と成長期の段階で髪が抜け落ちてしまうこともある。コレが不健康な髪の特徴。抜け毛が増え、新しい髪も生えなくて、薄毛になっていく女性の特徴として成長期段階なのに髪が抜け落ちてしまうことが挙げられる。何らかの原因でホルモンバランスが崩れてヘアサイクルが乱れてしまうのだ。
その何らかの原因というのは、例えばストレス、ダイエット、睡眠不足、加齢、不健康な食生活、産後などが挙げられる。
まとめると、ストレスやダイエットなど、何らかの原因でホルモンバランスが乱れ、その影響としてヘアサイクルが短くなってしまい、髪は成長途中なのに、早く抜け落ちてしまう。
それが抜け毛、そして薄毛の大きな原因となるのだ。