女性 育毛剤選び

女性が育毛剤を選ぶ時。重要ポイントは「無添加かどうか」

育毛剤は無添加がいいですよ
薄毛、抜け毛に悩んでいて、コレを改善するために育毛剤を使いたい!!でもどういう風に育毛剤を選べばいいかわからない。。
育毛剤って、男性が使うイメージもあるし。男女兼用の育毛剤って言っても抵抗あるし、、なんか育毛剤特有のニオイが気になるし、、

 

育毛剤の選び方って難しいですよね。
まして、女性は特に。どれを選べばいいか分からないし。商品自体男性が使うというイメージがありますから。
料金も高いし、特有のおじさん臭いニオイが気になるというのもあるでしょう。

 

女性が育毛剤を選ぶ際、ポイントなるのはたった1つ。
⇒無添加かどうか

 

その理由は次の2つです。
・育毛剤は長期間使わないと効果が現れにくい。長く使うには無添加の方が安心
どんなに髪にいい有効成分が入っていても即効性のある育毛剤はナイと言われています。
そりゃあ、即効性があって、この育毛剤を使えば20日で髪が生えてきますよ、抜け毛がストップしますよ、なんて商品があったら
皆がその育毛剤を買いますから。でも残念ながらそんな都合のいい育毛剤はないんですね。
一般的に、育毛剤が効いてきたなあと実感できるのは、3〜6ヶ月ほどと言われています。
ヘアサイクルも考えるとそうなるのでしょう。
だから長い期間使う続けるためには、無添加で頭皮にやさしい、髪の毛に優しい育毛剤の方が続けやすくイイわけなのです。
途中で頭皮が赤くなったり、かぶれ、かゆみ、乾燥が出てきたら、なかなか使い続けることができませんから。
そうならないためにも無添加は続けやすいのです。

 

・無添加じゃないと、頭皮に有効成分が届きにくい
せっかくいい商品で、髪にいい有効成分が豊富に入っていても添加物が入っていては効果が出にくくなってしまいます。
添加物とは、例えばパラベン、香料、鉱物油、界面活性剤、シリコン、着色料、酸化防止剤などなど。
これら添加物が、髪が健康的に育つための頭皮環境には、相応しいとは言えない!!というのは一度は聞いたことがありますよね?
添加物は頭皮にダメージを与えていると言われます。美容師さんも市販のシャンプーをあまり勧めなかったり、
雑誌や口コミなどでも添加物じゃなくて、無添加が髪にいいですよと言われるのは、添加物が髪に良くないからですね。
逆に無添加であれば頭皮にダメージは与えにくいです。
つまり頭皮に悪いダメージがない状態で、育毛に有効な成分を沢山与えてあげれば頭皮環境は良くなって健康的な髪が育てやすいというのは
簡単に理解できると思います。一方、いくら育毛に効く有効成分が豊富に入っていても添加物が入っているせいで、頭皮環境が整えられていないと
その有効成分は頭皮に届きにくいですから。だから育毛剤は無添加がいいんですよね。